トップ > 学部で探す > 自家焙煎でたしなむ日本茶

自家焙煎でたしなむ日本茶

日本茶に立ちかえる。「自家焙煎でたしなむ日本茶」講座は、家庭で炒り立てのほうじ茶が楽しめるという画期的なレシピ。炒りパンで茶葉を炒り、香ばしいほうじ茶を作ります。柳茶、茎茶、煎茶、もち玄米がセットされているので、自由にブレンドしてオリジナルの味わいを作るのもおすすめです。茶葉の選定とレシピは、創業百五十年の歴史を誇る老舗茶問屋「袋布向春園」によるもの。伝統ある日本茶の豊かさを次世代にも伝えたいとの想いから生まれました。家中にお茶を炒る香りが漂い、次第に心ほどけていく贅沢な時間。自家製のお茶を楽しみながら、日本茶の奥深さを知るきっかけにしてください。
こんなことが学べます
・ご家庭で簡単にできる日本茶の焙煎方法が学べます。 ・日本茶の種類や特徴、味わいについて学ぶことができます。 ・茶師おススメのブレンドやおいしいお茶の淹れ方が学べます。
温度帯区分常温
講座番号L16022
お届け時期お申し込み後、10〜14日でお届けいたします。
できあがり約360〜370g(焙煎度合いで変わります)※1人前約15gです (作業時間:約15分)
  • 商品到着後、なるべく早めにご使用ください。
  • 炒った後、茶筒などで保管し、3か月以内にご賞味ください。
  • テキストブック付き(20ページ)
  • 【ご入学されると学生価格で受講できます。】 一部を除く全講座に「学生価格」の設定があります。 (「学生価格」は「一般価格」より、10〜20%お得です) ⇒詳しくはページ上部の「入学申し込み」をご覧ください。

             (税・送料込)

数量:


内容

■キット材料/あら茶約100g、茎茶約100g、煎茶約80g、もち米玄米約100g、網つき煎りパン1個 直径約11cm、深さ約3cm、取っ手約16cm(ステンレス、木など)日本製
茶の名所からほうじ茶用の、あら茶(京都産)・茎茶(静岡産)・煎茶(鹿児島産)と香ばしい香りの玄米茶がつくれるもち米玄米(国内産)をセット。ほうじ茶に最適といわれるいわゆる「枯れた茶葉」(水分量の少ない茶葉)にする為に、茶葉3種には軽く火入れをして水分を飛ばした状態でパック。おうちで簡単に炒りたての日本茶が楽しめます。

講師プロフィール

袋布向春園 茶師 袋布 吉一1970年7月14日大阪生まれ。平成6年株式会社袋布向春園本店入社、平成11年6月取締役就任。NPO法人日本茶インストラクター認証。第54回全国茶審査技術競技大会5段位取得。全日本茶商クラブ日本茶販売アドバイザー認証。平成21年3月代表取締役就任。

特集

次の素材の学校、そ。特集をお楽しみに!

次の素材の学校、そ。特集をお楽しみに!

トップ > 学部で探す > 自家焙煎でたしなむ日本茶